米国内でApple MusicがSpotifyを上回る。でも、本当の敵は中国テンセントにあり?

アメリカ国内の月額音楽ストリーミングサービス有料会員数において、Apple MusicがSpotifyをわずかに上回ったことが報告された。

両者はアメリカで約2000万人の有料会員数を獲得しており、報道によると、Spotifyの月2%の伸びに比べて、Apple Musicはなんと月5%の伸びを達成しているそう。

2018年2月に発売されたスマートスピーカーHomePodの投入もApple Music躍進に貢献していると思う。

私も最近Apple Musicの3ヶ月無料トライアル会員になったばかりで、HomePodと遊びながら音楽を楽しんでいるが、ボイスコマンドに慣れ親しんだら、Apple Musicはやめられない気がしている。「Hey,Siri play some music」で何か曲をかけてくれる。もちろん好きなアルバムやプレイリストもSiriにかけもらうこともできる。

|敵は中国にあり

Apple Music vs Spotifyの米国内対決も注目だが、次の市場は間違いなく中国だろう。中国大手音楽ストリーミングサービスにテンセント・ホールディングスという日本では聞き馴染みのない企業がある。

テンセント・ホールディングスは、1998年創業。売上高では世界最大のゲーム会社であり、アプリの収益は世界一を誇る。動画や音楽の有料配信サービスも手がける中国インターネット最大手企業である。

このほど、テンセント・ホールディングスは、オンライン音楽事業の分離と米国での新規株式公開を発表した。これにより、テンセント音楽部門は資本を調達し、さらに音楽事業を伸ばし、他国への本格参入も計画されるかもしれない。

テンセント音楽配信サービス「QQミュージック」の中国国内アクティブユーザー数は、数億人とも言われ、有料会員への移行はビッグマーケットであることは間違いない。

,Apple Musicが中国でユーザー数を獲得するには、まず手頃な音楽再生端末を普及させる必要がある。それには、廉価版のiPhoneやHomePodが鍵となってくるはずだ。ハードとソフトの連携が得意なApple の手腕が試される。

AirPodsをAirに変えた理由

ワイヤレスイヤフォンAirPodsがどうしても好きになれない方へ、代替品としておすすめの製品を紹介する。

|AirPodsのデザイン

AirPodsが発売されてからどのくらいが立っただろう。

私はApple製品のデザインが大好きだが、このAirPodsに関しては、どうしても好きになれないでいる。新型AirPodsが2019年に発売されるとの情報があるが、形状に抜本的な変更が無ければ、購入予定はない。

|AirPodsの代替品候補

そこで、AirPodsの代替品候補して、私が2017年半ばくらいから使用している「Air」というワイヤレスイヤフォンをご紹介したい。

Air by crazybaby 白

本製品は、クラウドファンドサイトのINDIEGOGOで約3億近くの資金を集めたモンスターアイテムだ。既にクラウドファンディングは成功し、出資者にはワイヤレスイヤフォンが出荷されている。かく言う私も出資者の一人だ。

メーカは、Crazybabyという2015年に創業された企業で、本社は米国だが、研究開発や製造施設は中国深センにあり、音響研究所は日本に構えている。ワイヤレスイヤフォン以外にも、斬新なデザインのスピーカーを発売しており、音響メーカとしてこれからの活躍がますます期待される。

|Air by Crazybabyの使用感

2017年7月から本製品を使っているので、およそ一年くらいの使用感をレビューする。カラーは白と黒の2色あり、私は黒を選択した。黒はmacbook pro スペースグレーより少し濃い目。

Air by crazybaby 黒

・デザインはまるでApple製品のよう

デザインは、ご覧の通り、まるでApple製品かと見紛う作りになっている。イヤフォン自体は光沢のあるプラスチック製。チャージケースは、アルミニウムをアルマイト処理したような、ちょうどmacbook系の肌触りといった方が分かりやすいだろう。Apple製品との調和は、抜群だ。

チャージケースは手のひらサイズのカプセル型で、usb-c充電ポートを備えている。充電もそこそこ早い印象だ。しかし、残念なことにmacbook proのアダプタからusb-cケーブルで充電ができない。本製品付属の充電ケーブルがusb-c to usb-Aから分かるように、おそらくusb-A経由の給電しか出来ない仕様の様子。ここは次機種に期待。

イヤフォンは、私の知る限りかなり小型の部類。装着時、耳からの飛び出しが少なく、スッキリとした見た目。ここがおすすめのポイント。

・気密性、遮音性は高い。脱落はほぼない

気密性はかなり高いと感じる。電車内の音漏れなどの心配もないし、周囲の音もかなり遮断する。歩行中などは、周囲の音が聞こえにくくなるため、注意が必要なレベル。ここは、AirPodsとの違いの一つになると思う。

その気密性の高さと耳の形状に合わせた独自のツイスト固定構造のためか、ジムのランニングマシンでの使用でも、脱落の心配はほぼ無い。一方で、脱落の心配はないが、2時間程連続で着けていると、私は右の耳に少し痛みが出る。これは耳の形状に個人差があると思うので、試すしかない。

・音質はそこそこ。Bluetoothの接続はたまに切れる

音質に関しては、多数のイヤフォンを使用したことがないので、あまり分からないが、良い方だと感じる。おそらく遮音性の高さが、良い音をもたらしている要因かもしれない。家電量販店等で試聴していただきたい。エンジングに関して、半年くらいで少し変化したように思う。

Bluetoothは4.2で、主にiPhone7+ との接続で使用している。iPhone をポケットに入れながら聞いても、あまり途切れることはないが、不意に振り返ったりした時に、一瞬途切れることもある。iPhoneとの連帯は、AACを採用していることもあって、良いと感じる。ペアリングも電源を入れるとすぐに、前回接続機器と接続される仕様で不便はない。

一応マイクも内蔵しており、ハンズフリー通話も可能。数回使ってみたが、通話相手から聞こえにくいとのクレームでやめた記憶。

・電池持ちは2時間程度。次機種に期待

充電式カプセル付きAir:15時間以上のリスニング時間、最大20時間の通話時間

Air(一度の充電):最大3時間のリスニング時間、または最大4時間の通話時間
カプセルの充電時間は80分、airの充電時間は40分~50分

上記は、Crazybabyの公式サイトに記載されている公称の電池持ち時間だが、私の使っているものは、iPhoneでのリスニングで2時間程度しか持たない。また、充電カプセルもフル充電で3〜4回分しか出来ないため、良くて8時間のリスニング延長時間しか確保出来ない。私は、モバイルバッテリーを常に持ち歩いているため、あまり充電を気にしないが、モバイルバッテリーがない方は、公称値に達しないため、少し充電カプセルに不満があるかもしれない。

一回の充電でのリスニング時間は、欲を言えば3、4時間は欲しいところ。Bluetooth4.2ではこの程度だが、噂ではBluetooth5.0のICチップは、かなり省エネで、リスニング時間の大幅な改善が期待できるため、Bluetooth5.0版の発売を待つのも手かもしれない。

・その他気になるところ2点

その他気になる1点目は、電源ON時、5秒程度に一回イヤフォンの側面が点滅すること。この赤い光が、装着中定期的に、耳の外側でパッパッって光るんです。自分からは見えないけど、気になる人は気になる。例えば、つまらない講義や会議中に好きな音楽聴きたい時なんかは・・・髪の長い人なら気にならないけど。

Air by crazybabyライト点滅

気になるところ2点目は、上の赤く光っているところがボタンになっており、音楽の一時停止や曲送り、Siriの起動とかができるようになっている。しかし、このボタンがかなり押しづらく、強く押す必要がある。強く押すと耳への圧迫があり、非常に使い勝手が悪い。次機種に期待。

|まとめ

AirPodsの代替品として、Air by Crazybabyの使用感を簡単にレビューした。色々機能的改善点はあるが、デザインと音質は良いと感じる。小型のワイヤレスイヤフォンを検討されている方の参考になれば幸い。

HomePodを輸入した結果。不良品?

日本未発売のHomePodを米国(ebay)から輸入してみた。

色々不安な点があったので、ポイントをご紹介する。

|ebayオークション購入

ebayのオークションで購入したHomePod。

eBayで購入したHomePod

なぜかオークション期限間際になっても1件もBid(入札)がない・・・あやしい。

商品説明文もApple.comをコピペしたもので、ますますあやしい。

しかし、残り20秒あたりで走馬灯の様に、今までの人生がフラッシュバック。

気づいたらポチッと押してました。まぁ、ebayだし偽物来ても返金できるだろうと楽観的に購入。ebayでHomePod購入をご検討の方はこちら。アメリカでの発売が2018年2月なので、2018年7月現在、used品でもまだコンディションが良いと個人的には考えている。

PayPalでお支払いを済ませたのが、2018/6/20 (水) 未明。(米では19日AM)

配送予定は、7/3(火)〜7/7(土)

支払総額は、約¥40,000。内訳は↓

$299(約¥34,000)+送料$30(約¥3,400)+import charge$24(約¥2,700)

ここでebayの商品でimport chargeという記載があるが、実はこれ、日本の輸入品にかかる国内消費税8%を含んだ料金。つまり、import chargeが記載されているebay商品では、ebayの支払い以外に追加料金がかかることはない。ここテストに出るので覚えておきましょう。

eBayのimport Charges

|発送6/26〜到着6/30

6/20(水)に発注し、6/26(火)に発送された。営業日としては、水、木、金、月の4日間での発送。特にsellerから連絡はない。特段トラブルなく6/30(土)に無事到着。以下は配送スケジュール。

一つ気になったことは、発送時にFedexからの連絡で荷物の重さが「4.0lbs」と記載があった。確かHomePodって2.5kgなはず。4lbsって1.8kgくらいなので軽くね?偽物?箱だけ?色々な憶測が飛び交う。

FedExの輸送ステータス

|初期セットアップ  ・・・不良品か?

国際配送にありがちな汚ったないダンボールを開けると、

輸入したHomePod

おぉ、まずは外箱は本物の様子。そして中には、

箱を開けたHomePod

どうやら本物のHomePod。懸念していた重さもしっかりあり、外観もほぼ新品と変わらない。一安心。

セットアップは事前に動画等で確認していたため、電源を入れて、iphoneを近づけるだけ・・・無反応。不良品?未発売地域の問題?上面をタップすると、Siriが「internet接続エラー」とか「wifi接続エラー」とか仰っています。

ここはまず初期化だと思い、手順に従い、初期化。電源を入れた直後、上面をロングホールドし、しばらくすると赤いランプに変わり、ビープ音が3回鳴ります。再びiphoneを近づけて・・・やはり反応なし。また、無駄なものを購入してしまった。

と思っていた次の瞬間、その無機質なHomePodからブオォーンという音が鳴り、今再起動が完了したのだなと思い、iphoneを近づけると、ついにセットアップ画面登場。中古品を購入した場合、sellerによる初期化がなされていないと上記の初期化が必要なので注意。

その後、無事セットアップが完了し、音楽を聴くことができた。使い勝手等に関しては、然るべき時に書きたい。

|まとめ

HomePodのebay購入から配送状況、中古品のセットアップ注意点等を挙げてみた。配送は一例になるので、ご参考まで。また、日本では技適マークの無い製品の使用は禁止されているので、自己責任でお願い致します。