MacからHomePodへサウンド出力する方法

Mac系PCからHomePodへサウンドをAirPlay経由で出力する方法を紹介する。今回紹介するのは、iTunesなどApple純正アプリのサウンドではなく、例えばSpotifyやNetflicsなどサードパーティアプリのサウンドの出力方法である。

ちなみにApple純正アプリのほとんどは、アプリ内の音量あたりにサウンド出力先を切り替えるボタンが付いている。

MacからHomePodへサウンド出力方法

macOSはHigh Sierra 10.13.6のMacBook Proでの出力方法である。

Macのシステム環境設定を開き、サウンドへ

macシステム環境設定画面

サウンド内の出力を内蔵スピーカーからリビングルームへ切り替える
(「リビングルーム」の表示はHomePod初期設定時の使用場所で決まる)

サウンドの出力をHomePodへ切り替える

この切り替えを行うことで、Macから出力される全てのサウンドをAirPlay経由でHomePodから流すことができる。パソコンで映画を見るときなどHomePodに切り替えると予想以上に良い音で楽しめるのでぜひ試してほしい。

SONOSが日本上陸!ついにスマートスピーカーの黒船が日本に。

ついにSONOSが2018年秋、日本に正式上陸することが決定した。私はHomePodとSONOS ONEどちらを輸入するかで迷った過去がある。上陸を祝してSONOSについて調べてみたのでご紹介する。

SONOSとは

SONOS(ソノス)は、2002年設立の米家電メーカー。スマートスピーカーの先駆けメーカーであり、アメリカの家電評価雑誌Consumer Reportsによる2018今買うべきスマートスピーカー第1位に「SONOS ONE」が選ばれ、人気を集めている。その他にもホームサウンドシステム構築可能なスピーカーを展開しており、スマートホームオーディオシステムをリーズナブルな価格で提供している。

スマートスピーカー「SONOS ONE」

sonos one白と黒

外観はSONOS PLAY:1と似ているが、SONOS PLAY:1は、通常のコンパクトスピーカーであるのに対し、SONOS ONEは流行のAlexa搭載のスマートスピーカーである。音質については、実際聴いた訳ではないので、Consumer Reportsを信じることにしよう。

SONOS ONEの主な特徴を以下に挙げる。

・Amazon Alexa搭載
・Amazon Music, Spotify, Apple Music, internet radioなどのストリーミングサービスに対応(有料会員のみ)
・SONOS ホームサウンドシステムの一部として機能
・AirPlay 2搭載
・ステレオペアリング機能

以上の特徴の他に、今後のアップデートでGoogle Asistantに対応することがほぼ決定しているとのこと。これだけでも十分すごいが、Appleとの関係も良好なことから、Siriをも取り込む調整が進んでいるとの情報もある。ちなみにSONOS PLAY:1は現在、Apple.comでも取り扱っており、この辺りもAppleとの関係の良好さが伺える。しかし、3つのボイスコントロールが搭載されたら、誰に話しかけるか迷ってしまう気がする。

また、ステレオペアリングが可能なため、2台のSONOS ONEで、疑似的ではないリアルなステレオサウンドを楽しむことができるのは魅力的だ。

AirPlay2にも対応するため、SpotifyのフリープランでもiPhoneやMacからAirPlay2経由で音楽再生可能なところも柔軟性が高くていい。

SONOS ホームサウンドシステム

SONOSホームサウンドシステムは個別のスピーカーをアプリでコントロールすることで実現可能にしている。音楽再生のために購入したSONOS ONEを将来TVや映画の音響機材として活用することが可能なのだ。主な製品と価格を以下に示すが、SONOSの良いところは、価格もリーズナブルなこと。

個別に購入しても良いが、セット割引で1700$程度で、5.1chサラウンドシステムが構築可能な製品を購入することもできる。

sonos製品一覧

HomePod vs SONOS ONE ✖ 2

私がHomePodとSONOS ONEで迷った理由がSONOS ONEの費用対効果だ。

HomePod1台:349💲

SONOS ONE2台:379💲
(1台199💲だが2台セットで19💲お得になる)

HomePod 1台に+30💲するだけで、SONOS ONEが2台買えてしまうため、ステレオペアリングを考えている方には、かなり魅力的なオファーになる。

私も何度も計算機を叩いたが、結果としてHomePodがeBayで安く購入出来たため、SONOS ONEを断念した。HomePod購入履歴は、HomePodを輸入した結果。不良品?にまとめてあるので、お時間ある方はどうぞ。中古HomePodの初期設定に若干苦労したあたりを記録している。

Limited Edition

白と黒のシックな色が特徴のSONOSだが、SONOS ONEのLimited Editionとして、デンマークの家具メーカー「HAY」とのコラボで、赤,緑,黄などの限定カラーを2018 9月に発表することを明らかにしている。ちょうど、日本上陸の時期と重なりそうなタイミングでカラフルなSONOS ONEを見られるかもしれない。

sonos one limited edition

まとめ

SONOSの主力製品SONOS ONEを中心に製品を紹介した。価格や機能の面で、SONOS ONEがHomePodの強力なライバルになりうることも示した。

改めてSONOS ONEについてまとめてみて、現状ではバランスのとれたスマートスピーカーであり、ソフトウェアによってまだまだ伸びしろのある製品であることがわかった。音質については、私も含め、皆さんにも試聴してほしい。また、SONOS ONEのLimited Editionも気になるところだ。

PS.上陸先行イベント

sonos-beams-event

音質を確かめたいと思っていたところ、なんと上陸前の先行販売イベントがあることが判明。8月3日(金)〜26日(日)にビームス原宿でSONOS ONEを始め、3種のスピーカーを販売するとのこと。SONOS ONEの日本販売価格は¥23,800(+tax)
米販売価格が199$なので、想定為替レートは約120円ということになる。

8月3日(金)にSONOS日本公式サイトがオープンする模様。

以下Beams原宿のコメントを引用

革新的なスマートスピーカーブランド<Sonos(ソノス)>の国内先行発売を記念して、「ビームス 原宿」にて『SUMMER HOUSE PARTY』を開催します。

2018年秋に日本上陸を予定しており、BEAMSでは8月3日(金)〜26日(日)まで「ビームス 原宿」の1階にてインスタレーションを行い、スマートスピーカーのベーシックモデル『Sonos One』,コンパクトなホームシアターを実現する『Sonos Beam』,レコード等の外部デバイスと接続できる『Sonos Play:5』を先行販売致します。
※商品詳細は8月3日(金)開設の<Sonos>日本公式サイトよりご確認頂けます。

Apple Music無料トライアルを始める方へ 絶対ポイントサイト経由の申込みがおすすめな理由

HomePodを使い始めてから、Apple Musicへ加入し、もう少しで1ヶ月くらいが経つ。今は3ヶ月無料トライアル期間中なのだが、今更後悔していることが一つある。それは、ポイントサイト経由でApple Musicの無料トライアルを申し込まなかったこと。これからApple Musicを使ってみようと考えている方は、ぜひ今から紹介するキャンペーンを使ってお得に無料トライアルを始めてみてほしい。

ポイントサイト「ハピタス」経由でApple Musicの無料トライアルへ申込むだけでポイントがもらえる

ポイントサイト「ハピタス」で、Apple Musicの無料トライアルに申し込むと、今なら100円につき50円分のハピタスポイントがもらえる。しかも、3ヶ月無料トライアル期間中にApple Musicを解約してもポイントが付与される太っ腹なキャンペーンだ。

Apple Musicには、以下の3つのプランがあり、選択した新規加入プランの1ヶ月分の料金に対し、100円につき50円分のハピタスポイントがもらえるので、ファミリープランを選択すれば、最大700円のポイントがもらえることになる。

・学生プラン480円/月 → 400円の50% = 200円
・個人プラン980円/月 →    900円の50% = 450円
・ファミリープラン1480円/月 → 1400円の50% = 700円

注意点としては、本キャンペーンはiOSデバイス専用なので、パソコンやAndroidデバイスから検索しても出てこない。
また、2018年7月いっぱい夏祭りキャンペーン中であることから、本案件は7月31日までのキャンペーンである可能性が高いので、お早めに。

ハピタス広告

先ほどもお伝えしたとおり、3ヶ月無料トライアル期間中にApple Musicを解約してもポイントが付与される。

下の赤線部に、判定までの期間は無料トライアル申込後約14日との記載がある。
つまり3ヶ月無料トライアル中にポイント付与判定が確定し、ハピタスポイントがもらえるということを意味しているので、ポイント付与が確定してから無料トライアルを解約してもポイントはなくならない。

ハピタス判定期間

ハピタスがおすすめな理由

数あるポイントサイトの中で、なぜ「ハピタス」なのか。
シンプルに3つの理由でおすすめする。

① 1ポイント = 1円 獲得したポイントを手数料無料で現金化できる

基本的に1ハピタスポイントが1円という交換レートであるため、貯まったポイント = 使えるお金としてシンプルに換算できる。

また、通常のポイントサイトでは、ポイントを現金に交換するため、銀行口座に振り込む時に手数料がかかるのが一般的であるが、ハピタスはこの手数料が無料なので、獲得したポイントをそのまま現金に交換できる。
その他、Amazonギフト券や楽天ポイント、App Storeコードなどに手数料なしで交換できるのもうれしい。

② ウェブサイトが見やすく、案件が探しやすい

ハピタスのウェブサイトは、派手なバナー等が少なく、見やすい。派手なバナーは少ないが、期間限定の重要な案件は、しっかりアピールされているので、ポイント獲得率が通常より高く設定されている案件も確認できる。
また、案件の検索は必要なものだけを検索できるため、不要な情報に左右されることがない。

③ 新規入会登録だけで数百ポイント獲得できる

新規入会登録をすると、数百ポイントもらえる。数百ポイントとぼかしたのは、登録のタイミングで獲得できるポイントが変動するため。
2018年7月現在、夏祭りキャンペーンを実施しており、最大700ポイント獲得できるようだが、その辺りは登録時に確認すると良い。

まとめ

ポイントサイト「ハピタス」経由で、Apple Musicの無料トライアルに申込むだけで、無料トライアル中に解約しても、ハピタスポイントがもらえることを紹介した。また、ハピタスポイントの交換先として、手数料なしの現金交換可能であることなど、ハピタスのポイントサイトとしてのおすすめポイントを紹介した。

これから新しくApple Musicを始めようと考えている方は、ぜひポイントサイト「ハピタス」をお得に活用してほしいと思う。ハピタスの会員に未登録の方はまず以下から登録しよう。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

HomePodに音楽停止タイマー機能を教えてあげて

HomePodを使い始めてから約3週間程度が経った。スマートスピーカーと銘打っているHomePodが出来そうで、出来ない事を紹介する。

|音楽を◯時間後に停止(再生停止タイマー)

就寝前に音楽を聴く方は多いだろう。よほど特殊な事情がない限り、就寝後、音楽は停止した方が良いに決まっている。しかし、今の所、HomePodは音楽停止タイマーが設定出来ない。

今後のアップデートでこの機能は、おそらく追加になるはずだが、どうしてもすぐ音楽停止タイマーを導入したい方には、以下の方法がある。

簡単に言うと、iPhoneでHomePodにAirPlayで音楽を流しておき、iPhone内の音楽再生停止タイマーで、指定の時間後に音楽を停止させる方法だ。

iPhoneからHomePodへAirPlayで音楽を再生する

HomePod AirPlay2

iPhoneの時計アプリから右下のタイマーへ
タイマー終了時のアラーム音設定をタップ

iPhone タイマー設定1

再生停止を選択後、右上の設定をタップ

iPhone タイマー設定2

再生停止させたい時間を設定し、タイマー開始をタップ

iPhone タイマー設定3

 

上記のように設定すると、1時間後にiPhoneの音楽再生が停止するため、結果としてHomePodの音楽が停止する。いちいち設定に手間がかかるため、やはりボイスコントロールで設定したいものだ。

また、HomePod単体で音楽停止タイマーが設定できないことの弊害がもう一つある。それは、iPhoneからHomePodへAirPlay接続している間、音楽再生有無に関わらず、iPhoneのバッテリーを消費することだ。

HomePodを本格的に使用し始めると、iPhoneのバッテリーを消費するのが嫌なので極力AirPlayは使わず、HomePod単体での音楽再生が増えるため、是非ともHomePod単体での音楽停止タイマー導入をAppleには早急に検討して欲しい。

HomePodを輸入した結果。不良品?

日本未発売のHomePodを米国(ebay)から輸入してみた。

色々不安な点があったので、ポイントをご紹介する。

|ebayオークション購入

ebayのオークションで購入したHomePod。

eBayで購入したHomePod

なぜかオークション期限間際になっても1件もBid(入札)がない・・・あやしい。

商品説明文もApple.comをコピペしたもので、ますますあやしい。

しかし、残り20秒あたりで走馬灯の様に、今までの人生がフラッシュバック。

気づいたらポチッと押してました。まぁ、ebayだし偽物来ても返金できるだろうと楽観的に購入。ebayでHomePod購入をご検討の方はこちら。アメリカでの発売が2018年2月なので、2018年7月現在、used品でもまだコンディションが良いと個人的には考えている。

PayPalでお支払いを済ませたのが、2018/6/20 (水) 未明。(米では19日AM)

配送予定は、7/3(火)〜7/7(土)

支払総額は、約¥40,000。内訳は↓

$299(約¥34,000)+送料$30(約¥3,400)+import charge$24(約¥2,700)

ここでebayの商品でimport chargeという記載があるが、実はこれ、日本の輸入品にかかる国内消費税8%を含んだ料金。つまり、import chargeが記載されているebay商品では、ebayの支払い以外に追加料金がかかることはない。ここテストに出るので覚えておきましょう。

eBayのimport Charges

|発送6/26〜到着6/30

6/20(水)に発注し、6/26(火)に発送された。営業日としては、水、木、金、月の4日間での発送。特にsellerから連絡はない。特段トラブルなく6/30(土)に無事到着。以下は配送スケジュール。

一つ気になったことは、発送時にFedexからの連絡で荷物の重さが「4.0lbs」と記載があった。確かHomePodって2.5kgなはず。4lbsって1.8kgくらいなので軽くね?偽物?箱だけ?色々な憶測が飛び交う。

FedExの輸送ステータス

|初期セットアップ  ・・・不良品か?

国際配送にありがちな汚ったないダンボールを開けると、

輸入したHomePod

おぉ、まずは外箱は本物の様子。そして中には、

箱を開けたHomePod

どうやら本物のHomePod。懸念していた重さもしっかりあり、外観もほぼ新品と変わらない。一安心。

セットアップは事前に動画等で確認していたため、電源を入れて、iphoneを近づけるだけ・・・無反応。不良品?未発売地域の問題?上面をタップすると、Siriが「internet接続エラー」とか「wifi接続エラー」とか仰っています。

ここはまず初期化だと思い、手順に従い、初期化。電源を入れた直後、上面をロングホールドし、しばらくすると赤いランプに変わり、ビープ音が3回鳴ります。再びiphoneを近づけて・・・やはり反応なし。また、無駄なものを購入してしまった。

と思っていた次の瞬間、その無機質なHomePodからブオォーンという音が鳴り、今再起動が完了したのだなと思い、iphoneを近づけると、ついにセットアップ画面登場。中古品を購入した場合、sellerによる初期化がなされていないと上記の初期化が必要なので注意。

その後、無事セットアップが完了し、音楽を聴くことができた。使い勝手等に関しては、然るべき時に書きたい。

|まとめ

HomePodのebay購入から配送状況、中古品のセットアップ注意点等を挙げてみた。配送は一例になるので、ご参考まで。また、日本では技適マークの無い製品の使用は禁止されているので、自己責任でお願い致します。